02:00 2018年09月24日
日本、北朝鮮との境界付近におけるプロパガンダ放送の激化を危惧

日本、北朝鮮との境界付近におけるプロパガンダ放送の激化を危惧

© REUTERS / Kim Hong-Ji
アジア
短縮 URL
0 17

日本は北朝鮮との境界付近で韓国のプロパガンダ放送が再開したことにつき、朝鮮半島で緊張が激化することを危惧している。中谷防衛大臣が述べた。

韓国は金曜、北朝鮮との境界付近で拡声器によるプロパガンダ放送を再開した。昨年夏には同じ行為が緊張を非常に高め、互いの陣営への発砲にまで発展した。放送の中止を条件に、事態は沈静化した。

「南北間の緊張が再び高まる危険性がある。防衛省は半島情勢の推移を注視する」と大臣。

11台の拡声器による放送は24㎞範囲に聞こえる。4㎞幅の非武装地帯にいる軍人のみならず、一般の北朝鮮市民にも聞こえる、ということになる。放送は北朝鮮が水素爆弾の実験に成功したと発表したことを受け、再開された。

関連:

韓国政府、北朝鮮との共同開発地域である開城市への韓国人の通行を制限する
プーチン大統領 北朝鮮が発表した水爆実験に関するデータの調査を指示
ロシア外務省 北朝鮮が発表した水爆実験についてコメント
ロシア議員:北朝鮮の世界からの孤立が、同国をよい方向に導くことはない
北朝鮮が水爆実験  近隣諸国は世界に対して注意を喚起
タグ
北朝鮮, 韓国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント