07:13 2018年07月21日
米国 横須賀基地を母港とする原子力空母を韓国へ派遣か

米国 横須賀基地を母港とする原子力空母を韓国へ派遣か

© REUTERS / Toru Hanai
アジア
短縮 URL
13131

米国は、北朝鮮が1月6日に水爆実験を実施したと発表したことを受け、原子力空母を韓国に派遣する方向で検討している見込み。聨合ニュースが報じた。

10日、米軍は、核弾頭を搭載できるB52戦略爆撃機をグアムにある米軍基地から韓国へ派遣した。

米国、韓国に戦略爆撃機B-52を配備
© AFP 2018 / EPA PHOTO/PA/TIM OCKENDEN
韓国では2月初旬に米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」が行われる計画であるほか、3月には野外機動訓練「フォールイーグル(トクスリ)」が始まる予定。北朝鮮はこれらの演習を、北朝鮮に対する戦争のリハーサルとみなしている。

聨合ニュースによると、米韓両軍は、「フォールイーグル」の期間中に、米韓による海上訓練を実施する計画だったが、北朝鮮による核実験の実施を受けて、海上訓練を前倒しで実施することを検討しているほか、北朝鮮に対して警告メッセージを発するために、海上訓練に原子力空母が参加する可能性が高いという。なお聨合ニュースは、朝鮮半島から最も近くに配備された原子力空母が、米軍横須賀基地を母港とする「ロナルド・レーガン」だと指摘している。

「ロナルド・レーガン」は、2015年10月に韓国で行われた海上訓練に参加しており、約80機の航空機を搭載できるほか、乗員およそ5400人を乗せることができる。

タグ
韓国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント