11:13 2017年09月23日
東京+ 19°C
モスクワ+ 6°C
    マレーシア首相の口座で発見の7億ドル、サウジ王家からの贈与だった

    マレーシア首相の口座で発見の7億ドル、サウジ王家からの贈与だった…

    © Sputnik/ Mikhail Klimentiev
    アジア
    短縮 URL
    82971329

    マレーシアのモハメド・アパンディ・アリ検事総長は同国のラザク首相個人の銀行口座にある預金およそ7億ドルは汚職に関係したものではないとの声明を表した。英国ガーディアン紙が報じた。検事総長はこの金はサウジアラビアの王家の一員からの個人献金だと発言している。

    アパンディ・アリ検事総長は26日の記者会見で、「私は検証の結果に満足している。これでこの金が収賄ではなく、汚職スキームの結果得られたものでもなかったことが判明した」と語った。記者会見ではさらにこんなニュースが明らかにされた。ラザク首相はサウジアラビアに6億2000万ドルを返還したというのだ。理由は結局使われなかったからだという。

    舞台にサウジアラビアの王家が登場したことで、この話は思いもかけない展開を見せた。

    「首相にこうした献金がなされた原因は明らかにされていない。これは首相とサウジアラビア王家の個人的な話だ。」アパンディ・アリ検事総長はこう語っている。

    検事総長は検証の結果、ラザク首相の行為には犯罪性は見つからなかったため、この先の行動は一切取られないと補足している。

    これまでの発表では、マレーシア政府の投資基金の活動を検査していた同国の政府委員会は口座におよそ7億ドルの預金を発見。検査官の話では、この金はラザク首相の所持金。

    検証の文書によれば、ラザク首相の口座には5度にわたる送金記録が残されていた。最も金額が大きいのは6億2000万ドルおよび6億1000万ドルで2013年3月、選挙活動のピーク時に送られている。

    タグ
    汚職, マレーシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント