00:50 2017年02月28日
東京+ 5°C
モスクワ+ 3°C
    マレーシア首相の口座で発見の7億ドル、サウジ王家からの贈与だった

    マレーシア首相の口座で発見の7億ドル、サウジ王家からの贈与だった…

    © Sputnik/ Mikhail Klimentiev
    アジア
    短縮 URL
    92960329

    マレーシアのモハメド・アパンディ・アリ検事総長は同国のラザク首相個人の銀行口座にある預金およそ7億ドルは汚職に関係したものではないとの声明を表した。英国ガーディアン紙が報じた。検事総長はこの金はサウジアラビアの王家の一員からの個人献金だと発言している。

    アパンディ・アリ検事総長は26日の記者会見で、「私は検証の結果に満足している。これでこの金が収賄ではなく、汚職スキームの結果得られたものでもなかったことが判明した」と語った。記者会見ではさらにこんなニュースが明らかにされた。ラザク首相はサウジアラビアに6億2000万ドルを返還したというのだ。理由は結局使われなかったからだという。

    舞台にサウジアラビアの王家が登場したことで、この話は思いもかけない展開を見せた。

    「首相にこうした献金がなされた原因は明らかにされていない。これは首相とサウジアラビア王家の個人的な話だ。」アパンディ・アリ検事総長はこう語っている。

    検事総長は検証の結果、ラザク首相の行為には犯罪性は見つからなかったため、この先の行動は一切取られないと補足している。

    これまでの発表では、マレーシア政府の投資基金の活動を検査していた同国の政府委員会は口座におよそ7億ドルの預金を発見。検査官の話では、この金はラザク首相の所持金。

    検証の文書によれば、ラザク首相の口座には5度にわたる送金記録が残されていた。最も金額が大きいのは6億2000万ドルおよび6億1000万ドルで2013年3月、選挙活動のピーク時に送られている。

    タグ
    汚職, マレーシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      サウジは もう 切捨てだから ということで このような開示が
      行なわれているのだろうか?  開示されることにも 闇の力
      が働いているのだろうか?
      スイス銀行の口座が 2次大戦のものも開示されたなら (移行されて
      いなければ) 戦争ゲームをした犯人達の口座があるはず。

      戦争は、勝っても負けても、ゲームをした権力者だけは、儲かる。
      戦争の犯人が分かる。 なぜ、そのような、ヒトラーと 日本権力者の
      共同名義の口座が開示されないのか。
    • Kozi Moto
      ロシア大統領は「腐敗した人物」、米財務省高官が批判=BBC
      richardkoshimizu.at.webry.info/201601/article_168.html
      実力で到底適わないとなったら、あることないこと適当にでっち上げて誹謗中傷。
      まるで、その辺の脳軟化した似非右翼みたいですね。
      仮にも米国の「財務次官代理」であるのに。
      え、どなたでしたっけ? 尿瓶(しびん)さんでしたっけ?
      アメリカ合衆国、終わりましたね。
      2016/1/26 12:25
      そんなグウの音も出ない事を言われたく米国1%の邪鬼が、なんかほざいてます。 ↓
      ロシア大統領は「腐敗した人物」、米財務省高官が批判=BBC
      headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160126-00000026-reut-n_ame
      [ワシントン 25日 ロイター] - 米財務省のアダム・シュビン財務次官代理(テロ・金融犯罪担当)は、米国がロシアのプーチン大統領を「腐敗した人物」だと受け止めていると述べた。英BBCが25日伝えた。 シュビン氏はBBCの番組「パノラマ」のインタビューで、プーチン大統領が秘密裏に蓄財していると指摘。「(プーチン氏が)国有資産を使って友人や自身に近い人物に富を与える一方、友人とみなさない人物は除外してきた。ロシアのエネルギー資産であろうと他の事業であろうと、自身のためになると考える人物に配分し、そうでない人は対象としない」とし、「こうした行為はわたしには腐敗と映る」と述べた。 (以下略)
      ロイター 1月26日 10時59分配信
      酢味噌
    • Kozi Moto
      米、追加利上げ見送りへ
      richardkoshimizu.at.webry.info/201601/article_178.html
      もう、いくらFRBが介入してもダウ平均は下降線を辿るし、原油はリビアのタンクを炎上させてもほとんど下落を止められないし、日銀腹黒田に追加金融緩和させてもドル安が亢進するし、イタリアの銀行取り付け騒ぎがもうすぐ米国にも波及しそうだし。
      弱り目に祟り目の「景気絶好調」の筈の米国。
      FRB追加利上げ見送り....どころか、国家存続見送り。w
      「最期の時」が迫っていますよ。
      工作員の皆さん、終 わ り ですよ。
      もう、裏社会の金はあてにできませんよ。
      無職で50代で特技も資格も能力も正義感も真心もないあなたたちですよ。
      社会の最底辺で呻吟する時が迫っています。
      まあ、いいじゃないですか、一時の間、いい思いをしたんですから。w
      2016/1/27 07:11
      世界経済の先行き不安だってさ。 背に腹はかえられぬですかね。
      米、追加利上げ見送りへ
      www.daily.co.jp/society/main/2016/01/27/0008755056.shtml
      【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は26日、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)を2日間の日程で始めた。世界経済の先行き不安から金融市場が混乱したため、追加利上げは見送る見通しだ。 27日の会合後に公表する声明では、物価上昇の足かせとなる原油価格の急落に懸念を示す可能性もある。 原油の先物相場は、ことしに入り一時30ドルを大幅に割り込む水準まで急落。FRBは年末までに0・25%の追加利上げを4回実施することを想定しているが、シナリオの修正を迫られる恐れもありそうだ。
      とくお
    • 稲美 弥彦
      サウジアラビアにマレーシア、どちらもAIIBの創設メンバー国であり、米帝の属国。
      つまりマレーシアもダーイッシュ支援国であり、AIIBの創設メンバー国にダーイッシュ支援国が多数いる事は既に誰でも知っている通りである。
      例えばサウジアラビア、イスラエル、英国、カタール、トルコ、マレーシア、シンガポール、豪州、ヨルダン、エジプト、パキスタン等。
    • Kozi Moto
      マレーシア首相の口座で発見の7億ドル、サウジ王家からの贈与だった
      richardkoshimizu.at.webry.info/201601/article_184.html
      スレチですが すぷートニックより
      マレーシア首相の口座で発見の7億ドル、サウジ王家からの贈与だった
      続きを読む jp.sputniknews.com/asia/20160127/1497252.html#ixzz3yRehAVI8
      全く想像がつきませんが  サウジ毛の言うことを聞かなかったようです。
      ダー一種詐欺?テロ加担?
      党員になっちゃった
      2016/01/27 20:58
      マレーシアという国は些かややこしい国で、簡単に政治情勢を説明できる代物ではないのですが、まあ、やってみましょう。
      複合民族国家、マレーシア。元は英領植民地。原住民は、マレー人イスラム教徒、7割。英国人が、生ゴム・パームオイルのプランテーションとスズ露天掘り鉱山の労働者として連れてきた華僑と印度人の子孫が3割弱。1957年8月31日に英国から独立。マレー半島=マラヤ=Malayaとサバ州・サラワク州・シンガポール(のちに連邦から脱退して独立。)の「S」を合体してMalaysia(マレーシア)とした。ジャングルにオランウータン。マレー語で「森の人」の意味。w
      マレー語は文字を持たないため、マレーシアの古代史は一切不明。台湾近辺発祥のマレー海洋民族が長い間を掛けて、マレーシアまで到達し、先住民のオラン・アスリ(マレー語で「最初の民族」の意)族を追い出して、占拠して今に至る?インドネシアも同一語族。フィリッピンもスペイン人が入らなければ、今でもマレー人国家。
      現首相のナジブ・ラザク首相はTPP推進派といった位置づけでしょうか。この人、なぜ、首相になれたかというと、お父上のアブドル・ラザク元首相が「マレーシア発展の父」と呼ばれる二代目首相だったわけで。息子さんは、2009年から首相を務めています。
      一方、26日、「TPPに署名すれば、外国の干渉なしでは国家としての決定ができなくなり、再び植民地化を招くようなものだ」と正論を直言するドクター・マハティール元首相。1981-2003年の長期にわたりマレーシアの首相を務めた実力者。今も隠然たる影響力。親日家。歴代首相の中で唯一、英国の大学を出ていない。(父は印僑。母はマレー人。シンガポール大学出身で医師資格を持つ。)反ユダヤ的、反国際金融資本的スタンスを堅持する。米国1%にとっては不倶戴天の敵。
      ことの起こりは、マハティール主導の反ナジブ政権運動。2015年8月、クアラルンプールで行われたナジブ首相の退陣要求デモに参加し、ナジブ政権の汚職を糾弾した。政府系ファンドの資金約7億ドルを国会議員らの買収に使ったと報道陣に話した。
      ナジブ政権は『名誉棄損』でマハティール氏を訴追したり、マハティール系議員を与党から追い出したり。ああ、面倒くさい。マレーシアの検事総局が捜査に乗り出した(ふりをした)。7億ドルは、サウジ王族からナジブ首相への個人献金だった、問題ないとして「使わなかったから返済した。」ということにして、幕を引こうとしている。
      なんだか、自民党の汚職の揉み消して手口みたいですねー。
      ●(サウジを経由して?)米国1%が賄賂を使って、マレーシアの政治家を買収し、TPPに賛成させようと企んだのか?マレーシアがTPPに反対すれば、TPP=NWOの実現は遠のく。マハティール追い落とし作戦資金だった?
      ●サウジ王族が、自国の経済破綻を見越して、隠し財産をマレーシアに隠匿したのか?
      何はともあれ、米国1%の盟友、サウジ王族の関わりはありそうです。サウジ王族の失墜が、米国1%の落日に繋がる。さっさと破綻してくだされ。
      マハティール閣下、応援しています。
    新しいコメントを読む (0)