20:23 2019年10月23日
無人機

中国、接近開始の日韓へ追跡を強める

© AP Photo / Kirsty Wigglesworth, File
アジア
短縮 URL
182
でフォローする

中国の偵察機数機が日韓の対空識別圏を侵犯した。この行為が引き起こされた引き金は日韓の接近開始への中国の憂慮だった。

今回の中国の偵察機「運(ユン)9」および「運8」の行為は日韓の領空の公式的な侵犯ではなく、領空から遥か遠い防空識別圏への侵入ではあったが、日本は万一の事態に備え、戦闘機数機を発進させた。

何が引き金となって中国はこうした行動に出たのだろうか? これは煽動と受け止めることができるだろうか? これについてロシア科学アカデミー東洋学研究所の軍事専門家、ウラジーミル・エヴセーエフ氏は次のような考察を示している。

「中国の前政権では不可能だったことが現政権では可能となっている。なぜなら習国家主席はより積極的行動を支持しているからだ。これには武力的性格の行動も入る。

とはいえ、中国の軍機の行動は中国側からの挑発だとは思わない。中国軍機の空域侵犯は実際はどうであっても、単なる識別圏の侵犯に過ぎないからだ。この中国の行為は、米国とその連合国らが朝鮮半島情勢の緊張化を受けてとった行為に中国が憂慮を示したことが引き金となっている。 

現在、朝鮮民主主義人民共和国の4度目の核実験実施を理由に米国は朝鮮半島におけるプレゼンスを強化している。特に韓国領空を米戦略爆撃機B-52の飛来がそうだ。このほか韓国の港に米の原子力空母が寄港する可能性もでてきた。こうした空母は核兵器を搭載するポテンシャルを有す。米国にはさら遥か先をいく計画がある。それは韓国領内に核兵器用の格納貯蔵庫を建設するというものだ。

こうした中で中国は、状況コントロールを確保する目的で地域における諜報行動を強化している。北朝鮮が核実験行なったという事実自体、また特に熱核弾頭の製造を試みていることも中国にしてみれば警戒を強めざるを得ない要因だ。」

日本のマスコミ報道は中国の偵察機の目的について、おそらく北朝鮮の弾道ミサイル発射を追跡する目的で先に準備に出ていたイージス艦の情報収集ではないかと報じている。このほかにも中国が憂慮せざるを得ないのが日韓の接近だ。日韓は米国のあらゆる働きかけにもかかわらず歩み寄りができなかったが、先日、北朝鮮が熱核実験を実施したという声明を表した後、接近の傾向が現れ始めた。とはいえ専門家のなかには、こうした接近は必要に迫られた感があり、日韓が解決困難な領土問題や歴史問題を抱えていることを考慮すると、短期的なものに終わる可能性があるとの声もある。 

タグ
無人機, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント