10:23 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    米国、韓国に地対空ミサイル「パトリオット」を追加配備

    米国、韓国に地対空ミサイル「パトリオット」を追加配備

    © AFP 2017/ WOJTEK RADWANSKI
    アジア
    短縮 URL
    531727

    米国は北朝鮮による人工衛星搭載ロケット打ち上げに対する演習の枠内で、韓国に地対空ミサイル「パトリオット」(Patriot, PAC-3)を追加配備した。

    北朝鮮が1月6日に第4次核実験を、今月7日に人工衛星搭載ロケット打ち上げを実施したことにより、朝鮮半島情勢が悪化している。複数の専門家が、ロケットは大陸間弾道ミサイルの発射実験の口実に過ぎない、と見ている。

    聯合通信が韓国駐留米軍司令部の情報として伝えたところでは、北朝鮮の衛星打ち上げに対してスタートした非常事態処理能力の確認のための演習の枠内で、ソウルから67㎞のオサン米空軍基地に、パトリオットが追加配備された。オサン基地に配備されているPAC-2およびPAC-3はこれで96基になった。

    タグ
    米国, 韓国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント