10:16 2017年08月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 16°C
    空気を売るイギリス人

    英国の新鮮な空気、中国で大モテ

    © 写真: Youtube/ New World 2
    アジア
    短縮 URL
    138420

    2週間ほど前、突飛なビジネスである英国人が主要紙の見出しをさらった。この人物、中国人を相手に、1缶80ユーロ(約115ドル)で英国のきれいな空気を売るビジネスを成功させたというのだ。

    ビジネスを成功させたのはレオ・デ・ワッツ氏(27)。ワッツ氏はイギリスの農村からのプレミアム級にきれいな空気を提供している。成功の秘訣は、空気の缶1つ1つにしっかりとした来歴が記載されていることだ。

    ワッツ氏は仲間とともにきれいな空気を求め、サマセット、ウェールズ、ウィルトシャー、ヨークシャーなど、英国中をまわっている。その様子は空気の採集から始まり、輸送、顧客への配達までの全プロセスがカメラに記録されているため、空気を買った人は本当にこれが英国産だと確信できるしくみだ。

    新鮮な空気の販売に踏み切ったのはワッツ氏が初めてではない。ただしワッツ氏のビジネスがこれまでの実例と異なるのは、空気の採集地について顧客に100%の証拠が提供されている点だろう。

    ワッツ氏は今香港在住で「アエザー(Aethaer)」社を経営。ワッツ氏は自社を空気販売業界の「ルイス・ヴィトンかグッチ」と豪語している。

     

    関連:

    劣悪な環境のため毎年550万人が死亡している
    2050年にかけ海ではプラスチックが魚より多くなる
    タグ
    環境, 英国, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント