03:58 2020年04月09日
アジア
短縮 URL
0 75
でフォローする

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がこのまま核実験を続けた場合、白頭山(はくとうさん、ペクトゥサン が眠りを覚まし、火山活動が開始されてしまう。韓国の地震学研究者グループは2月17日、こうした警告をオンライン科学雑誌「サイエンティフィク・レポーツ」に発表した。

北朝鮮が核実験を行なうパンギリ射撃場は白頭山からわずか115キロしか離れていない。地震学者らは、休火山が眠りを覚まし、噴火を始めるには、あとわずか1度の核爆発があるだけで十分だと語る。

「土壌が強い揺れを起こした場合、それが白頭山の眠りを覚ます負荷を呼ぶ。火山の近くの地下で核兵器が爆発するなど、火山にとっては絶対的な脅威だ。」

946年、噴火した白頭山の火山灰は日本の北部まで達し、5センチも降り積もった。白頭山は他にも1597年、1668年、1702年に大規模な噴火を起こしているが、1903年に噴火を起こして以来、火山活動は静まっている。

関連:

東京にある貿易会社社長 北朝鮮に日用品を不正に輸出した容疑で逮捕
韓国国会 北朝鮮政権交代政策の可能性も排除しない
北朝鮮、大陸間弾道ミサイル展開用部隊を新設―メディア
米国、北朝鮮プロパガンダ対策のためフラッシュドライブを大量収集
北朝鮮 日本の制裁に対抗措置 拉致被害者調査を打ち切り
タグ
火山, 日本, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント