16:57 2018年09月20日
北京

中国の外資買収は新技術導入のため

© Fotolia / SeanPavonePhoto
アジア
短縮 URL
0 62

西側諸国の経済は再び危機に直面しているが、中国企業には逆にこの苦しい時期は好都合。中国企業は驚くべき勢いで米国企業をはじめ、外国企業の買収に取り組んでいる。

2016年、買収件数はすでに10件以上、その額は800億ドルを超えた。これは2015年の同時期比で8倍。しかも専門家らの間からは、この傾向はすぐには収まらないとの声がもれている。

アムヘルストのマサチューセッツ大学の経済学のデービッド・コッツ教授は、中国はこうした買収で最新技術の導入が進むと考えている。

「中国は今日、質の低い労働力を求める生産から最新技術のハイテク・セクターへ移行しようとしている。ジェネラル・エレクトリックなどは中国は進んだイノベーション技術への移行のためにこれを取得しているのだ。地元メーカーは将来、中国経済の発展に重要な役割を演じる技術をものにするだろう。」コッツ教授はロシア・トゥデイからの取材にこう語った。

 

関連:

IMF専務理事 中国からの資本流出は世界経済にとって脅威
中国の銀行、北朝鮮口座を凍結
中国、外国企業のオンラインコンテンツ発表を禁じる
2016年、中国はIT市場規模で日本を上回る
タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント