01:03 2018年09月26日
米国人学生 「朝鮮民主主義人民共和国に対する犯罪」を認める

米国人学生 「朝鮮民主主義人民共和国に対する犯罪」を認める

© REUTERS / Kyodo
アジア
短縮 URL
0 14

今年1月、北朝鮮で拘束された米国人の学生が、「朝鮮民主主義人民共和国に対する犯罪」を認めた。

中国の銀行、北朝鮮口座を凍結
© AFP 2018 / JOHANNES EISELE
米バージニア大学生のオットー・ワームビア氏(21)は、今年1月2日、ピョンヤンから中国に立とうとした際、空港で北朝鮮当局により拘束された。彼がピョンヤン滞在中、犯罪を犯したためとの理由だったが、詳細は発表されなかった。

29日、ワームビア氏は、ピョンヤンで記者会見を開き「自分は、ホテルの従業員専用ゾーンで、壁に掲げられていた政治スローガンを取り外した」と認めた。ワームビア氏は「自分の行動は、朝鮮人民のモチベーションを損なう事に向けられたものだった」と説明している。

なお記者会見の最後に、彼は、北朝鮮の人々に許しを請い「故郷の家族のもとに戻れるよう、天に祈っている」と述べた。

北朝鮮では、外国人市民が拘束されるという事例が、かなり多く発生している。

こうした事件が頻発している事に関連して、米国とカナダは、自国市民に対し、北朝鮮への渡航を控えるよう勧告を出した。

関連:

東京にある貿易会社社長 北朝鮮に日用品を不正に輸出した容疑で逮捕
北朝鮮、韓国大統領官邸への攻撃を約束
北朝鮮の核実験は、白頭山の眠りを覚まし世界を震撼させる
タグ
北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント