23:01 2018年10月15日
米国 南シナ海管理のためオーストラリアに戦略爆撃機配備へ

米国 南シナ海管理のためオーストラリアに戦略爆撃機配備へ

© 写真: A1C Trina R. Flannagan
アジア
短縮 URL
0 49

米国は、オーストラリアに米国の戦略爆撃機を配備することについてオーストラリアと協議を行っている。同時にアジア太平洋地域における中国の軍事活動の活発化について懸念が高まっている。ABC放送が、米空軍司令官の話として伝えた。

空母「ジョン・ステニス」
© AP Photo / Ronen Zilberman
米太平洋空軍のロビンソン司令官によると、オーストラリア北部ノーザンテリトリーに、米国の爆撃機B1と空中給油機を一時的に配備することついて協議が進められている。

南シナ海では、中国と地域の他の国々による領有権争いが続いている。米国は、一連の島々に対する中国の権利を認めておらず、それらに隣接する水域は公海であると考え、航行の自由を主張している。

タグ
領土問題, 中米関係, 南シナ海, 中国, オーストラリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント