12:41 2017年06月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 9°C
    米国、フィリピンに軍事基地を配置

    米国、フィリピンに軍事基地を配置

    © AP Photo/ Bullit Marquez
    アジア
    短縮 URL
    1688310

    米国がフィリピンに軍事基地として5つの拠点を配置する。米ニューヨーク・タイムズ紙が伝えた。

    今週中にも相互協定に調印される見通しだ。

    協定の有効期限は10年とされており、この間米国はフィリピンの陸軍基地1カ所と空軍基地4カ所の都合5つの軍事基地で施設を新たに建設したり、すでに存在する施設を利用することができる。

    米国側はフィリピンに4000万ドルを支払うことに合意している。

    アナリストが指摘するように、米国が特に関心を寄せているのはパラワン島のアントニオ・バウティスタ空軍基地だ。この基地は南シナ海の紛争海域のすぐ近くに位置している。

    ニューヨーク・タイムズは、中国がすでにこの協定に対して南シナ海の状況を「軍事化」するものだと否定的な見解を表明していると伝えた。

     

    タグ
    フィリピン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント