00:36 2018年09月21日
水

アジア、深刻な水不足に直面する可能性あり

© Flickr/ Kamil Porembiński
アジア
短縮 URL
217

先日175カ国がパリ気候協定に調印した。諸国は排出量削減で環境を改善することを望んでいる。しかし、アジア諸国は、水危機の高まりにも注意する必要がある。膨大な人口がきれいな飲料水を得られないでいる。

多くのアジア諸国が2050年までに深刻な水不足に直面する、とする研究もある。

米国のマサチューセッツ工科大学によると、水不足は気候変動や環境ストレスだけでなく、経済資源の需要増加の結果である。

推計では、世界人口の60%がアジアに住んでいる。うちの膨大な数の人が日常的に汚染された水を使用している。

アジアで水危機が高まっている主な理由の一つが、アジアの多くの都市で時代遅れの水供給システムが使われていることにある。

アジア開発銀行は、この問題を解決するための研究を行っている。状況は南アジアで最も深刻だ。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント