20:34 2017年08月17日
東京+ 27°C
モスクワ+ 23°C
    フィリピン国旗

    フィリピン大統領選で当選確実のドゥテルテ氏、憲法改正を計画

    © Flickr/ Marlon E
    アジア
    短縮 URL
    163423

    フィリピン大統領選挙で中間発表の結果、当選確実となったロドリゴ・ドゥテルテ氏は就任後、非中央集権化を図るために憲法を改正するつもりであることを明らかにした。

    ドゥテルテ氏のスポークスマンを務めるペトロ・ラヴィンア氏は声明を表し、「憲法に重要な改正が行なわれる。この国は権力と資源が国民政府の手に集中しており、それがために発展できないでいる」と語った。

    ラヴィンア氏は、改革後、フィリピン政府が制限なくコントロールを行なうことができる分野は国防、移民問題、税関などになると指摘。

    9日、フィリピンでは大統領選挙が実施。開票率90.84%の時点でドゥテルテ候補はライバルのマル・ロハス候補の23.2%を大きく引き離す38.7%の票を獲得。ロハス候補はすでに敗北を認めている。

    関連:

    フィリピンで大きな地震
    米国、フィリピンに軍事基地を配置
    フィリピンでミイラの乗ったヨットが発見
    タグ
    フィリピン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント