14:53 2020年08月09日
アジア
短縮 URL
0 21
でフォローする

中国は、稼働可能な原子炉の数でロシアを追い越す見込みだ。ブルームバーグ通信が、IAEA(国際原子力機関)のデータをもとに報道した。

稼働可能な原子炉数で世界第一位にあるのは、米国で、その数は100基、第二位はフランスで58基、第三位は日本で43基の順だ。中国とロシアは、第四位で、それぞれ35基となっている。

IAEAの指摘によれば、中国は、新しい原子炉の建設を続けている。なおブルームバーグ通信のデーダでは、中国はさらに20基の原子炉を建設する見込みで、近くロシアを抜き去ることは確実である。

先に伝えられたところによると、エジプトとロシアはエジプト国内初の原発建設計画に関する商業契約の全ての項目で合意した

関連:

伊方原発3号機、再稼働延期
チェルノブイリ立入禁止区域で火災発生
福島第1原発2号機で燃料デブリが初めて確認される
タグ
原発, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント