12:39 2017年02月24日
東京+ 6°C
モスクワ+ 1°C
    「がん村」:経済成長の代価に中国が支払う健康(写真)

    「がん村」:経済成長の代価に中国が支払う健康(写真)

    © AP Photo/ Andy Wong
    アジア
    短縮 URL
    3153408

    中国当局が環境汚染対策を試みているが、依然として小さな町のことは見てみぬふりを続けている。このため、中国ではいわゆる「がん村」が早急の問題となっている。

    ​がん村での腫瘍疾患の罹患率は中国平均での罹患率を大幅に超える。

    中国湖南省の鶴山(ヘシャン)村では、住民の5人に1人がガンを患っている。

    以前この村にはヒ素製造工場があり、大気中に許容値の15倍を超える高濃度の有毒物質をもたらした。

    ​鶴山村の人口は現在約1500名だが、毎年100名ずつ減っていっている。30年以上村で稼動していたヒ素製造工場は3年前に閉鎖されたばかりだ。村で汚染されたのは空気だけではなく、地下水も汚染された。

    国土の16%が許容汚染度を越えている中国は20年までに90%の地面を浄化することを計画している。一方、水質汚染と大気汚染は今でも深刻な問題だ。結果、中国ではがん、特に肺がんの罹患件数が増えている。

    先に伝えられたところによると、中国の食品は有毒でとても危険だと認められた。

    関連:

    メキシコ首都、環境警報を発令
    インドネシア:環境保護者たち、大統領宮殿の側のセメントの足「大統領がこれを見るまで動かない」
    メキシコ、環境への配慮から前例のない自家用車制限
    タグ
    環境, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      junobejp
      かつて日本でも公害は多く、光化学スモッグ注意報などの発表延べ日数は、1973年(昭和48年)に300日を超えたとwikipediaにも記載されています。 今では中国が「世界の工場」となり、世界の「公害」を引き受けてくれています。申し訳ないことです。
      「乳酸菌」で有名な飯山一郎氏は、中国の環境汚染を「グルンバ・システム」で浄化するプロジェクトをやっておられます。twitter.com/iiyama16/status/749957389588107266
      何とか改善できることを願っています。
    • ネットもぐら
      日本でも毎年肺がん患者が増え続けてます。これからドンドン増えます。フクイチでは大爆発からメルトダウンして燃料がどこにあるのかさえ分からないでアンダーコントロールと抜かしています。情報も全く途絶えたままで、影響と責任と株価を恐れて国民は放棄したままです。チャイナはなんとかしようと努力し恥と知りつつ情報も出してます。ど、えらい違いです。
    • avatar
      豊岳正彦返事としてjunobejp(コメントを表示するコメントを表示しない)
      junobejpさん,
      >今では中国が「世界の工場」となり、世界の「公害」を引き受けてくれています。申し訳ないことです。

      日本の鉱工業公害は明治伊藤博文山県有朋廃仏毀釈フリーメーソン総理時代の足尾銅山鉱毒事件が嚆矢です。ともに江戸時代生まれの勝海舟が武士道武士であると最大の賛辞で称えた田中正造が、唯一人で敢然と富国強兵殖産工業フリーメーソン戦争犯罪棄民売国政府に死を辞さぬ戦いを挑みました。
      田中正造「亡國に至るを知らざれば之れ即ち亡國の儀に付質問」www.aozora.gr.jp/cards/000649/files/4892_10243.html

      全くの無縁故無一文になった田中正造が死んだとき、葬儀に参列した人々の数は9万人だったと記録されています。

      田中正造の狂歌です。

      引用元ishikawakz.hatenablog.com/entry/20140723/1406113425
      ____________________________________________________________

      少しだも人のいのちに害ありて少しくらいハよ いと云ふなよ 538

      心なき身にもまことハしられけり赤き紅葉を見 るに付けても 558

      花もなく鳥もなかずにういニ泣く谷中の民に春 の来ぬとハ 620

      愚鈍めが気遣水を呑んだくれバあとさき見ずの あとさきしらず 99

      田舎路ハまだ春ならであさましきみやこハ花の さかりなりけり 591

      天災とおもふ野心のなかりせバ世に災の来る事 もなし 606

      へんてこにまがりくねりて鉢植の松もみどりに 花の咲くらん 238

      春雪ハわしがこゝろにそわぬなり矢張堅き氷こ そよし 371

      神となり仏ともなる道すがら忘れまじきハ人の ふむ道 337

      寝言とてうたわぬよりハうたへかしうたへバう たふ人の訪ふなり 369

      議員どの鬼のちょうちんもちをして足尾の山に やみの夜あるき 123

      よの中は学士博士の破るなり造るハ下男織るハ 織姫
      ____________________________________________________________
      www8.plala.or.jp/kawakiyo/kiyo43_01.htm

      世界一の生物多様性を誇る日本の緑なす野山と海岸の豊富な微生物と四季折々の沢山の降雨降水で何十年もかけてようやく足尾銅山鉱毒は稀釈分解浄化されました。

      いま中国の公害は福島と同じく放射能も加わって一層深刻化しています。しかも大陸内部の中国の風土は日本の国土のように海洋性風土の気象変化が少なく、自然の回復力にも依存できない。

      汚染の改善を目標にするならば、効果がはっきりしない乳酸菌による汚染土壌の解毒よりも、早急に公害発生源工場の有害有毒汚染物質産生を抑制する方が技術的にもコスト的にも格段に有利でありましょう。

      日本の工場が現在までに修得してきた汚染物質産生抑制環境保護技術を技術移転する方が良いと思います。

      困ったときは、相身互い。

      また、原発の放射能漏れについてはまだ誰もこれを防ぐ技術を持たないし、将来も技術的に不可能でしょう。

      原発は廃炉にして、代替エネルギー発電を考慮すべきです。

      放射能は人の命だけでなく、動植物全ての生命にとって、たとえ少量であっても「害ある」ものだからです。
    新しいコメントを読む (0)