22:35 2017年09月19日
東京+ 23°C
モスクワ+ 13°C
    「がん村」:経済成長の代価に中国が支払う健康(写真)

    「がん村」:経済成長の代価に中国が支払う健康(写真)

    © AP Photo/ Andy Wong
    アジア
    短縮 URL
    2157108

    中国当局が環境汚染対策を試みているが、依然として小さな町のことは見てみぬふりを続けている。このため、中国ではいわゆる「がん村」が早急の問題となっている。

    ​がん村での腫瘍疾患の罹患率は中国平均での罹患率を大幅に超える。

    中国湖南省の鶴山(ヘシャン)村では、住民の5人に1人がガンを患っている。

    以前この村にはヒ素製造工場があり、大気中に許容値の15倍を超える高濃度の有毒物質をもたらした。

    ​鶴山村の人口は現在約1500名だが、毎年100名ずつ減っていっている。30年以上村で稼動していたヒ素製造工場は3年前に閉鎖されたばかりだ。村で汚染されたのは空気だけではなく、地下水も汚染された。

    国土の16%が許容汚染度を越えている中国は20年までに90%の地面を浄化することを計画している。一方、水質汚染と大気汚染は今でも深刻な問題だ。結果、中国ではがん、特に肺がんの罹患件数が増えている。

    先に伝えられたところによると、中国の食品は有毒でとても危険だと認められた。

    関連:

    メキシコ首都、環境警報を発令
    インドネシア:環境保護者たち、大統領宮殿の側のセメントの足「大統領がこれを見るまで動かない」
    メキシコ、環境への配慮から前例のない自家用車制限
    タグ
    環境, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント