07:50 2020年10月26日
アジア
短縮 URL
0 34
でフォローする

緊急事態への反応システム向上を目的に初の核安全保障の緊急演習「 Fengbao-2016」が中国で行われた。新華通信社が報じた。

中国の東シナ海の係争諸島周辺水域のガス田施設
© AFP 2020 / Defense Ministry through the Japanese Foreign Ministry Homepage
同社は中国の国家国防科技工業局の次の声明を引用した。

「演習は核安全保障システムの効率性チェックを目的に行われた」

書類には、演習は事前に準備されたシナリオどおりに行われたと書かれている。

前に中国の習近平国家主席は、現在中国は原子力分野の発展テンポでリーダー的存在となっており同時に同分野で高い安全指標を示していると発言した。

先に日本は、中国の船が係争水域に侵入したことについて中国に抗議を表明した

関連:

中国爆撃機、南シナ海の係争中の島々の上空を飛行
日本、尖閣諸島周辺の接続領域に230以上の中国船がいたことを受け、中国に1日で2度目の抗議
中国 南シナ海上空に防空識別圏創設を計画
タグ
軍事演習, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント