06:12 2018年07月18日
日本が「不幸じゃない国」トップ3に入る年をとった人々、タイ

日本が「不幸じゃない国」トップ3に入る

© Sputnik / Vladimir Pesnya © REUTERS / Athit Perawongmetha
1 / 2
アジア
短縮 URL
3512

タイは「最も幸せな国」となった。これは、インフレ率と失業率の合計である悲惨指数(ミゼリー・インデックス)を利用しブルームバーグが世界74カ国を調べた結果だ。

火曜日9日、サイト「Bangkok Post」が報じた。

タイはインフレ率が0.11%以下で失業率が労働人口の1%以下であるため、悲惨指数によるとリストで最も「不幸でない」国となった。

2位はシンガポール、3位は日本で、米国は21位、中国は23位だった。悲惨指数が最も高かったのはベネズエラで、ボスニア・ヘルツェゴビナと南アフリカ共和国が続いた。

先に伝えられたところによると、タイの新憲法草案の是非を問う国民投票の投票者60%以上が賛成票を投じた

関連:

タイ政府、自国の性産業撲滅を約束
タイ王子の奇抜なドイツ訪問姿、ルーズパンツと露出度の高いトップ(写真)
タグ
日本, タイ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント