22:51 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    金正恩氏

    金正恩氏、米国を確実に「掌握している」と明言

    © REUTERS/ KCNA
    アジア
    短縮 URL
    3120636

    北朝鮮の金正恩第一書記は弾道ミサイル潜水艦のテストの際、北朝鮮は「米国本土と太平洋における作戦行動領域を確実に掌握している」と述べた。韓国の朝鮮中央通信が伝えた。

    金正恩氏は「発射技術は完成した」と述べ、発射装置の安全性、固体燃料用エンジンのパワー、誘導システムの信頼性と弾頭の命中精度は「完全に必要な運用レベルを達成した」と強調した。

    北朝鮮は水曜、新たな弾道ミサイル実験で、ミサイルを500キロ飛行させ、日本の防空識別圏80キロの深さに打ち込んだ。北朝鮮は範囲を意図的に調整したと述べた。

    関連:

    専門家:北朝鮮ミサイルの射程距離は1000キロに達した可能性
    北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本で国家安全保障会議が緊急開催
    タグ
    北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      hidea7889
      先制攻撃は駄目だが、もしアメリカに侵略、攻撃された国はアメリカがその国に行うのと同じようにアメリカ本土を攻撃しないと意味がなく、北朝鮮の今回の動きは実際にアメリカ本土を攻撃できることを意味している。
      アメリカはアメリカ本土を攻撃した国が今までないので、戦争の悲惨さを知らず、まるで国民は他人事のよう。どこかの国がアメリカ本土を攻撃しない限りアメリカの侵略、人殺し、強奪、戦争犯罪は終わらない。
    新しいコメントを読む (0)