10:34 2018年06月20日
ザハロワ報道官

露外務省:米韓合同軍事演習は朝鮮半島で火災を起こす火種となる可能性がある

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
アジア
短縮 URL
5323

ロシア外務省は、米韓合同軍事演習を深刻に懸念している。25日、ロシア外務省のザハロワ報道官が記者会見で発表した。

ザハロワ氏は、次のように語った-

「最近始まった米国と韓国の大規模演習は我々の深刻な懸念を呼んでいる。我々は朝鮮半島の高まる緊張を背景に、このような軍の訓練があらゆる状況を本物の火災へ導く火種の原因となり得るのを危惧している。」

またザハロワ氏は、米韓合同軍事演習がすでに北朝鮮の極めて激しいネガティブな反応を呼んだと指摘した。さらに、ザハロワ報道官は高精度MDシステムであるTHAADの韓国配備を批判した。

「米国が同盟国の支援の下アジア太平洋セグメントでのグローバルMDシステムの能力を増強し続けており、これが既存の戦略的バランスを損なうことは不可避であること、そしてもちろん、地域全体での朝鮮半島の情勢をさらに複雑するという事実に対し我々は疑いを持たない」

関連:

北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本で国家安全保障会議が緊急開催
韓国 艦船6隻に戦術弾道ミサイル配備へ
タグ
核兵器, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント