07:02 2020年05月26日
アジア
短縮 URL
141
でフォローする

中国政府は、自国特殊部隊をチェチェンにあるスペツナズ養成国際センターを基に訓練する計画だと、チェチェンの治安・国防関係省庁長補佐官のダニール・マルティノフ氏がそう述べた。

マルティノフ補佐官は次のように述べた。

「我われのところでも会談が行われ、中国のパートナーとの協力関係が樹立された。彼らは我われとの協働、彼らの専門家を送ることに非常に興味を持っており、我われは彼らのところを訪れることになる。中国は、センターが機能し始めるとすぐに我われのところに来る。さらに、秋には経験を高めるため我われの代表団が中国へ訪問することが予定されている」

マルティノフ補佐官はまた、チェチェンでの自国特殊部隊養成にはアラブ首長国連邦、ベラルーシ、カザフスタンの代表も興味を示したという。」

先に伝えられたところによると、トゥーラ器械製造設計局で製造された、何度も使用できる世界最小の擲弾砲「ブル」が対テロ班の装備として採用された

関連:

「アルマータ」 敵のミサイルを空中で迎撃へ
戦車「アルマータ」100台 2017-2018年にロシア軍への配備  開始へ
タグ
チェチェン共和国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント