06:35 2018年05月27日
東京+ 17°C
モスクワ+ 15°C
    原子力空母ロナルド・レーガン

    日本に配備されている米国の原子力空母 韓国へ出港

    © Flickr/ U.S. Pacific Fleet
    アジア
    短縮 URL
    0 97

    米国の原子力空母ロナルド・レーガンが、韓国で10月に予定されている合同訓練に参加するため、配備先の横須賀基地を出港した。

    韓国の聯合ニュースが、韓国国防省筋の話として伝えたところによると、「原子力空母ロナルド・レーガンは、10月10-15日に黄海と朝鮮海峡で行われる韓国と米国の合同訓練に参加する」という。朝鮮半島で武力紛争が勃発した際に北朝鮮の主要施設や北朝鮮指導部に対して精密な攻撃をするための訓練が主な目的となる。

    また消息筋によると、米国は訓練時に戦略爆撃機B-2も韓国に投入する計画だという。

    関連:

    パン・ギムン事務総長:北朝鮮の核実験はシリア危機より深刻
    オバマ大統領、対北朝鮮追加制裁の必要性を声明
    タグ
    アメリカ軍, 日本, 韓国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント