07:56 2018年02月22日
東京+ 2°C
モスクワ-11°C
    マスコミ:中国は南シナ海の諸島用にポータブルな原子炉を開発している

    マスコミ:中国は南シナ海の諸島用にポータブルな原子炉を開発している

    © AFP 2018/ STR
    アジア
    短縮 URL
    182

    中国の学者たちは持ち運び可能な原子炉を開発しており、将来的に南シナ海に浮かぶ諸島の1つに配置される可能性がある。サウスチャイナ・モーニング・ポストが報じた。

    同紙によると、学者たちは持ち運び可能な高速中性子炉を開発している。また、サイズは長さ6.1メートル、高さ2.6メートルのコンテナに収容できるようなものになる可能性がある。予定されている出力は10メガワットになる可能性があり、それは5万棟の家の電気エネルギー供給に足りる。

    学者たちによると、1つ目の原子炉は5年の間に完成すると彼らは期待している。また、技術は1970年台にソ連の原子力潜水艦で使われたものに似ていると指摘した。

    また同紙は、このような原子炉の安全性は多くの専門家の間で懸念を引き起こしていると指摘した。

    先に伝えられたところによると、中国は日本に「火遊び」をしないよう呼びかけた

    関連:

    危険なレトリック:韓国、中国とロシアの想像上の攻撃に応答する
    日本対中国:経済と安全保障の対立
    タグ
    中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント