10:25 2017年09月24日
東京+ 23°C
モスクワ+ 5°C
    菅官房長官

    日本、係争地域で活発な活動の中国に抗議

    © AFP 2017/ Yoshikazu TSUNO
    アジア
    短縮 URL
    1337210

    東シナ海の排他的経済水域の境界である日中中間線付近で、中国ガス田の開発、稼働が見られたとして、日本は外交ルートで中国に抗議した。

    菅官房長官は午後の記者会見でそう明らかにした。

    日本は、2008年日中がこの海域でのガス田を共同開発することで合意したが、中国が一方的な開発を行っていることに不満をいだいている。

    菅官房長官は「中国側が東シナ海における日中間の海洋の境界がいまだ確定しない状況で、一方的な開発を進めることは極めて遺憾」だと述べた

    菅官房長官によると、日本側は「協議を早期に再開して、合意を早期に実施できる」ことを求めている。

    関連:

    中国 日本に「火遊び」をしないよう呼びかける
    稲田防衛大臣、南シナ海での演習を頻繁に
    タグ
    領土問題, 日中関係, 中国, 日本, 南シナ海
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント