20:34 2020年06月03日
アジア
短縮 URL
2112
でフォローする

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、神のお告げを受け、演説で冒涜的な言葉を使わないことを誓った。BBCが伝えた。

フィリピンから日本に渡る飛行機で神から最後通牒を受けたのだと言う。

「声が聞こえた。冒涜的な言葉を使わないようにしないと飛行機が墜落する、と。私はやめることを誓った」とのこと。

「神への約束はフィリピン国民への約束」であり、もうスラングや罵言を使わないことを約束した。

先日大統領はスピーチの中でオバマ大統領を侮辱し、米国にさよならを言う時だと述べた。

関連:

フィリピン麻薬撲滅作戦、取引関与の市長が急襲され殺害
フィリピン大統領、南シナ海で協力と日本に約束
タグ
フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント