14:41 2020年08月09日
アジア
短縮 URL
0 110
でフォローする

今年に日韓間で再開された軍事情報の共同使用と保護に関する合意は軍事作戦の実施についての協力およびMDには関係しない。韓国のハン・ミングー国防相は28日、議会の国防問題委員会の会議で演説した中でこうした声明を表した。

今年4月、日韓両国は安全保障に関する諜報活動のデーター情報の交換に関する特別合意を締結する構えを表していた。両国が国防情報の交換システムの必要性を宣言した背景には朝鮮人民共和国をめぐる情勢の緊張化がある。

両国の声明には、日韓の密な情報交換は北朝鮮の核ミサイルプログラム関連の問題に迅速に対処するために欠かせないと明記されている。現在、こうした情報交換は直接的な形ではなく米国の仲介を通して行なわれているため、組織上の効果はどうしても低まってしまう。

 

関連:

北朝鮮が弾道ミサイル発射失敗、米が探知
日本、厳しい対北制裁導入の立場崩さず
タグ
北朝鮮, 日本, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント