03:30 2017年08月19日
東京+ 26°C
モスクワ+ 27°C
    中国、トランプ氏が貿易戦争開放なら、アップル罰すると牽制

    中国、トランプ氏が貿易戦争開放なら、アップル罰すると牽制

    © AFP 2017/ JOHANNES EISELE
    アジア
    短縮 URL
    169245

    トランプ米次期大統領が選挙公約を実施して中国と貿易戦争を始めるならば、アップルや米自動車メーカーの売上は打撃を受けることになる。

    トランプ氏は選挙戦中に、中国からの輸入品に45%の関税をかけると約束し、「中国による知的財産の窃取」を止めるつもりだとの声明を出した。

    中国政府系新聞の「The Global Times」が報じるところ、トランプ氏の選挙公約が実現された場合には「中国は同様の手段で応える。米国のボーイング社からの注文は、欧州のエアバスからの注文に変えられる。中国での米自動車メーカーやiPhone の売上は打撃を受け、米国からの大豆やとうもろこしの輸入は停止される。」

    同紙によると、「トランプ氏はこれほど子供じみたことをするにはあまりに明敏な人物」であるため、両国は現行の協定を維持する必要がある。

    この記事はトランプ氏と中国の習近平国家主席の電話会談後すぐに掲載された。

    関連:

    安倍・トランプ会談がTPP推進の日本政府の方針を変更することはない
    中国 世界初のパルサー航法衛星を打ち上げる
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント