05:28 2017年12月14日
東京+ 3°C
モスクワ+ 2°C
    実験的治療法で始めてHIVが克服される

    朴大統領、疲れた時に「注射おばさん」を呼んだーマスメディア

    © Sputnik/ Igor Zarembo
    アジア
    短縮 URL
    0 70

    2日、韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実被告が弁護士に朴大統領ににいわゆる「注射おばさんを紹介したことを確認した。聯合ニュースが伝える。

    崔被告の国政介入事件を捜査している特別検察チームは崔順実被告の携帯電話を分析した。その分析に基づき、2013年5月ごろ、朴大統領の行政官から「注射おばさんお入りです」「気治療おばさんお入りです」などの5・6件以上のメッセージが届いていることを結論した。

    その上で、崔被告の自宅で働いた家政婦ら、崔被告が「注射おばさん」を呼ぶことを確認し、崔被告が1週間に1度注射を受けたと述べた。

    崔被告の李弁護士は「注射おばさん」の存在について、「応急(措置)は誰かがやる必要があると思って、自身がその仕事を担当したという」と説明。「大統領としては体の調子が悪いことが外部に知らされるのを望むのか。大統領は常に健康な顔でいなけれならないのではないのか」として、「それなのに麻薬をしたように(メディアがあおっている)」と主張した。

    特別検察チームは、崔被告を呼んで朴大統領への違法な医療行為について調べるとみられる。

    関連:

    韓国国会、パク大統領の弾劾を声明
    韓国特別検察官、保健相を拘束
    タグ
    朴槿恵, 韓国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント