18:07 2020年04月06日
アジア
短縮 URL
5525
でフォローする

米国特務機関と韓国軍は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と戦争が勃発した場合、同国の指導者金正恩氏暗殺を目的とする特別部隊を創設する。聯合ニュースが、韓国軍事筋の情報として報じた。

計画では、そうした部隊は今年中にも作られるという。人数は千から2千人規模になる見込みだ。米国の軍人達は、韓国の指揮下で行動することになる。

今後数カ月の間に、米韓両政府は、起こり得るシナリオへの対応を完全なものとするため一連の共同訓練を実施することで合意した。また特別部隊の任務の中には、金正恩氏殺害だけでなく、北朝鮮の政治及び軍事最高指導部全体の中立化も含まれている。

北朝鮮は、モスクワ時間で6日午前4時30分に初の水爆実験を実施したと発表した。北朝鮮は以前、水爆保有を示唆していた。韓国や日本をはじめとした近隣諸国は、世界に対して注意を喚起し、対北朝鮮追加制裁などの措置を取ると強調した。

なお、水爆実験が成功したと発表した北朝鮮側は、米国から自国を守るために核兵器の開発を始めたと指摘し、北朝鮮の主権が侵害されない限り、核兵器を先に使用することはないと説明した。

北朝鮮は、2005年に自ら核保有国であることを発表した。北朝鮮は2006年、2009年、2013年に地下核実験を実施し、国際社会から強い抗議を呼んだ。

国連安保理は北朝鮮による核実験を受け、北朝鮮に対して核分野における活動の停止を求める一連の決議を採択した。決議第1718号および第1874号では、制裁の他に、北朝鮮に核実験や弾道ミサイルの発射を実施しないことや、朝鮮半島の非核化に関する協議への復帰も要求されている。

 

 

 

関連:

北朝鮮、ICBM試験準備「最終段階」ー共同通信
タグ
北朝鮮, 韓国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント