18:53 2020年08月07日
アジア
短縮 URL
165
でフォローする

在釜山日本総領事館に面した歩道に、慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことを受け、日本の長嶺安政駐韓国大使および森本康敬在釜山総領事が関係者との打ち合わせなどを行うため1月9日から一時帰国する。日本の外務省が発表した。

このような措置が取られたきっかけとなったのは、在釜山日本総領事館に面した歩道に、慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことだ。韓国側はソウルのこのような像を撤去するよう約束したが、現在、似た像が釜山の日本総領事館の前に設置された。RIAノーボスチが報じた。

韓国政府によると、主に韓国人女性からなる約20万の女性が日本軍人の性奴隷となった。現在、生存しているのはうち47人だけで、平均年齢は90歳となっている。

 

 

タグ
韓国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント