03:56 2017年09月26日
東京+ 21°C
モスクワ+ 14°C
    「慰安婦」問題解決は安倍首相の不快の種となるか?

    韓国野党幹部、慰安婦合意10億円を返還すべき

    © AFP 2017/ Jung Yeon-Je
    アジア
    短縮 URL
    0 32454

    韓国最大野党「共に民主党」の禹相虎院内代表は9日の幹部会議で、慰安婦問題をめぐる合意に基づき日本政府が韓国の財団に拠出した10億円について「早期に返すべきだ」と述べた。

    「予算が足りないなら、国会で予備費を計上すればいい」と指摘した。

    安倍晋三首相は、釜山の日本総領事館前の少女像設置に関し、「日本は10億円の拠出を既に行った。次は韓国がしっかり誠意を示していただかなければならない」と述べたが、禹氏は10億円の拠出と少女像設置問題の関連付けに強く反発した格好だ。

    禹氏は「韓国が日本を相手に詐欺を働いたというような話まで出ている」と述べ、「韓国外相は抗議もできない。このような屈辱があろうか」と批判した。時事通信が報じた。

    タグ
    戦争・紛争・対立・外交, 韓国, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント