23:14 2019年12月06日

韓国特別検察、朴氏疑惑で新証拠を サムスントップ、再聴取

© REUTERS / Kim Hong-Ji
アジア
短縮 URL
120
でフォローする

韓国サムスン電子の李在鎔副会長は13日、朴槿恵大統領と親友、崔順実被告の疑惑を調べる特別検察官の事務所に改めて出頭した。捜査チームは、李氏が経営トップを務めるサムスングループが崔被告側に拠出した資金が朴政権への賄賂に当たるとみて、李氏を再聴取。1月に棄却された逮捕状請求を再び行うかどうか検討する。共同通信が報じた。

李氏は出頭時、記者団に「今日もあらゆる真実を誠心誠意お話しする」と述べた。捜査チーム幹部は12日に記者会見し、李氏の逮捕状の再請求について「(逮捕状棄却後の)状況を調査した後に判断する」とした。

聴取の結果によっては、捜査チームは収賄側に当たるとみる朴氏側に、直接の事情聴取を強く求める可能性もある。

記者会見で捜査チーム幹部は、李氏の逮捕状が棄却された後も捜査を続けた結果、「新たに確認されたことがあり、李氏から確かめるべき部分がある」と述べ、近く再請求の可否を判断する可能性があると説明した。

特別検察官は、李氏がグループ内の企業合併で経営権強化を図った際、朴政権による合併の後押しという便宜供与を期待し、崔被告側に資金を拠出したとみて捜査。賄賂額は約束分を含め430億ウォン(約42億円)に上るとみている。李氏は賄賂性を否定している。

タグ
朴槿恵, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント