03:15 2020年02月24日
アジア
短縮 URL
127
でフォローする

米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は9日、北朝鮮北東部・豊渓里にある核実験場の最新の人工衛星画像を公開した。

北側坑道や管理エリアで活動が続いており、「核装置や監視機材が配置されれば、すぐにでも核実験が実行可能であることを示している」と分析している。時事通信が報じた。

7日に撮影された北側坑道の画像では、2月18日と21日の画像にあった機材が、船の大型コンテナのように見える物体に置き換えられるなどの変化が確認された。同研究所は、過去6カ月間に見られた動きも踏まえ、補修および新たな核実験に向けた準備作業は進んでいるものの、「いつ実験が行われるかは予測できない」と指摘した。

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント