21:17 2020年02月17日
アジア
短縮 URL
朴大統領の罷免 (19)
0 02
でフォローする

韓国の前大統領の朴槿恵氏は10日、憲法裁判所が裁判官の全員一致の罷免裁決を受け、黙り「話す言葉がない」と言い、自分の対応を説明しなかった。聯合ニュースが報じた。

およそ3時間の会議では、これからの朴氏の私邸への移動や広報についての討議があったが、朴氏は自分の意見を表れず、沈黙を続けた。

先に、朴氏は自分に結んだ疑惑は弾劾まで至らないという意見を指示した。しかし、昨年12月9日、韓国の国会で弾劾訴追案が可決後、朴氏は「血の涙が出るという言葉の意味がようやく分かった」と述べ、涙を見せた。

朴氏は会議後、一人で官邸に残っているとされる。聯合ニュースによると、朴氏の関係者は「今日は静かに過ごしたいようだ」と伝えた。

 

トピック
朴大統領の罷免 (19)
タグ
朴槿恵, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント