07:17 2018年09月25日
フィリピン 南シナ海での建設で中国に訴え

フィリピン 南シナ海での建設で中国に訴え

© AP Photo / Rolex Dela Pena, Pool
アジア
短縮 URL
165

諸国が領有権を争う南シナ海の島や岩礁において環境モニタリング基地を建てる準備を中国がしていると発表された後、フィリピンは中国の行動に対して強い抗議を表明した。ロイターがフィリピンのビタリアノ・アギレ法相の声明を基に報じた。

スプートニク日本

先に、諸国が領有権を争う南シナ海の諸島や岩礁において中国が環境モニタリング建設を予定していると報道された。環境モニタリング基地は南シナ海のスカボロー礁を含む6つの島と岩礁に建てられる可能性がある。

アギレ法相は、中国政府の行動に対してフィリピンが裁判所に訴えを出すつもりだと発言した模様。

ロイターによると、フィリピンのアベリヤ大統領報道官は、フィリピンが自国主権を守るため不可欠な措置を取ると述べた。フィリピンはスカボロー礁を自国の海域だと主張している。同岩礁のフィリピン名は 「Bajo de Masinloc」。

先に、海上自衛隊は今年5月、日本最大の最新鋭ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を南シナ海に派遣する。日米印の共同訓練「マラバール」参加などが目的。ロイターが自衛隊の複数の関係者の情報を基に報じた。

タグ
南シナ海, フィリピン, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント