04:16 2019年03月27日
WHO、中国で今世紀中喫煙による2億人死亡

WHO、中国で今世紀中喫煙による2億人死亡

© AFP 2018 / Liu Jin
アジア
短縮 URL
233

AFP通信が14日、世界保健機関(WHO)と国連開発計画(UNDP)の中国喫煙状況についての報告書を公開した。同報告書によれば、中国で喫煙に伴う病気で今世紀中に2億人が死亡するという。

スプートニク日本

また、喫煙に関連する病気のせいで、中国国内では数千万人が貧困に陥る可能性も明らかにした。

中国は世界での最大のたばこ生産国と消費国。たばこ産業は政府に莫大な収益をもたらしている。同報告書によると、2015年のたばこからの収益は1兆1000億元(約17兆円)。

しかし、喫煙は中国の経済に損害ももたらす。WHOとUNDPが報告したところによると、早急に喫煙人口を減らさなければ中国は大きな経済的損害を被ることになる。2014年では喫煙による中国の経済的損害は3500億元(約5兆5000億円)、2000年における損害額のおよそ10倍という。AFP通信によると、こうした試算には喫煙に伴う病気の治療費といった直接費と、病気による労働、生産力の低下といった間接費が含まれているという。

タグ
健康, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント