06:45 2018年10月18日
北朝鮮 平穏に朝鮮人民軍創設日を祝う

北朝鮮 平穏に朝鮮人民軍創設日を祝う

© Sputnik / Iliya Pitalev
アジア
短縮 URL
381

今日、北朝鮮で平穏に朝鮮人民軍創設85周年が祝われている。一連の海外メディアの予測に反して、北朝鮮は記念日を祝ったミサイル発射実験を自制した。

スプートニク日本

北朝鮮の首都平壌で人々は午前、金日成と金正日の巨大な銅像へ組織的に献花し、1930年代の抗日パルチザン闘争に参加した大城山革命烈士陵を訪れた。中心的な政治的行事となったのは、国家、党、軍機構の上層部が出席した、平壌での中央報告大会だが、金正恩党委員長は出席しなかった。

朴永植人民武力部長は中央報告大会で演説し、「侵略者や挑発者らが軍事的冒険に踏み切れば、北朝鮮はその牙城に対して強力な予防攻撃を加える」と警告した。

北朝鮮が記念日を祝う中、朝鮮半島にはカールビンソンを中心とする空母打撃群が向かっており、韓国と合同訓練を行う方向だ。また、韓国に駐留する米海軍の発表によると、世界最大の米原子力潜水艦「ミシガン」が韓国南部の釜山港に入港した。

米国の行動に対して、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は「原潜によって北朝鮮をひるませようとする」米国の試みを虚勢だと述べた。さらに、朝鮮半島には「危機的な情勢」が形成されたと指摘しつつ、「全面戦争に北朝鮮は全面戦争で、核戦争には、核攻撃で応える」と警告した。

先の報道では、北朝鮮は25日、元山で過去最大規模の火力訓練を実施した

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント