06:35 2018年08月17日
北朝鮮の核実験場で活動再開が確認

北朝鮮の核実験場で活動再開が確認

© AP Photo / Airbus Defense & Space/38 North/Pleiades CNES/Spot Image
アジア
短縮 URL
0 42

米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は、衛星写真から、北朝鮮最大の豊渓里核実験場で、北朝鮮軍人が再び活発になったことが確認されたと発表した。

スプートニク日本

写真は4月19日、21日、25日に取られた。アナリストによると、実験場の非常に様々な部分で軍人のグループが見られた。

しかし衛星写真からは、本当に核兵器の実権の準備がなされているのかを特定することはできない。写真では、一部の軍人が作業ではなく、バレーボールに勤しんでいることが伺える。

新たな衛星写真を分析した専門家らは、6回目となる北朝鮮の核実験は指導部からの指令があり次第いつでも実行される可能性があるとの結論に至ったということだ。

先の報道によると、米韓の最初の発表と反して、先月29日の北朝鮮の弾道ミサイル発射実験は成功だった。韓国政府が、実験のすべての実験を分析して、そのような結論に至った。

 

タグ
武器・兵器, 核兵器, ミサイル, 米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント