14:57 2019年08月26日
北朝鮮 金正恩氏暗殺を企てた米国に謝罪を要請

北朝鮮 金正恩氏暗殺を企てた米国に謝罪を要請

© Sputnik / Iliya Pitalev
アジア
短縮 URL
3155

米国は朝鮮民主主義人民共和国の指導者の暗殺の企てに対して公式的な謝罪を行い、企てた人間らを処罰せねばならない。こうした声明を朝鮮中央通信社が発表した。

スプートニク日本

北朝鮮は米国と韓国が北朝鮮を孤立化させ、息の根を止めようとしたとして両国を非難している。

国家安全保障省は米韓の諜報組織を「地球の表面から一掃し」、国にいる敵のエージェントを「最後のひとりになるまで」のこらず殲滅すると断言した。

これより前、北朝鮮国家安全保障省は米韓合同の秘密の作戦を暴いたことを明らかにしている。同省によれば、米韓の諜報機関の職員は生化学物質を用いて金正恩氏の殺害を計画し、自分たち側の人間を北朝鮮に潜入させていた。

この声明に対する米大統領府、CIAのコメントは表されていない。

これより前、朝鮮民主主義人民共和国の外務省はコーニ・ガードナー米共和党上院議員が北朝鮮の金正恩指導者を名指しで非難したことをうけて厳しいコメントを発表した

タグ
韓国, 米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント