02:03 2017年12月12日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    北が14日に発射したロケットは核弾頭も搭載可能 メディア

    北朝鮮が14日に発射したミサイルは核弾頭も搭載可能 メディア

    © REUTERS/ Kim Do-hoon/Yonhap
    アジア
    短縮 URL
    255

    北朝鮮が14日に発射した弾道ミサイルは新型ミサイルで、核弾頭も搭載可能。北朝鮮メディアが15日、報じた。

    スプートニク日本

    朝鮮中央通信は、14日に「新たに開発された中距離戦略弾道ミサイルHwasong-12が発射された」と報じた。

    朝鮮中央通信はまた、ミサイルは「大型で重量級の核弾頭を搭載することができる」と主張している。

    北朝鮮は14日、中距離弾道ミサイルを発射した。ミサイルは約700キロ飛行し、日本海に落下したと報じられた。

    ミサイルの発射は、世界の激しい否定的反応を呼んだ。米国のヘイリー国連大使は、北朝鮮に対する「締め付けを強化する」とし、北朝鮮の指導者、金正恩氏は「パラノイア(被害妄想)状態」にあると述べた。

    日本の稲田防衛相と韓国の韓民求(ハン・ミング)国防相は15日、北朝鮮によるミサイル発射を受けて電話会談し、日本と韓国や、日韓米の間で緊密に協力する用意があると表明した。

    先の報道によると、発射したミサイルは予定された飛行軌道に従い、高度2111.5キロまで上昇、787キロの先の公海上に設定した目標水域を正確に打撃した。

    タグ
    金正恩, 北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント