08:41 2018年08月17日
中国の習国家主席

中国 北朝鮮に経済的影響を及ぼすため米国に100日間の猶予を求める

© AFP 2018 / Mark Schiefelbein
アジア
短縮 URL
0 79

中国の習国家主席が、4月初旬に行われたトランプ米大統領との会談で、「米国が北朝鮮に対して具体的な行動をとるまでの猶予期間として『100日間』を求めていた」ことがわかった。朝日新聞が報じた。

スプートニク日本

朝日新聞によると、中国側は自国の力で北朝鮮に圧力をかけ、彼らのミサイル・核プログラムの停止を試みるためにこのような期限を求めた。理論的にこれは十分可能だ。北朝鮮は経済的にほぼ完全に中国に依存している。様々な推計によると、北朝鮮の対外貿易の約80パーセントを中国が占めている。

100日間の猶予は、7月に期限を迎える。7月7、8日にはドイツでG20サミットが開催される。ここで中国と米国の首脳が会談し、合意履行の経過を議論できる。

北朝鮮は最近3ヶ月で8回にわたってミサイルの発射実験を行った。様々な種類のミサイルを日本海に向けて発射した。

22日に、北朝鮮の朝鮮中央通信は、21日の新型中距離弾道ミサイル「北極星2」の発射実験に「成功した」と伝えた。

タグ
核実験, ミサイル, ドナルド・トランプ, 習国家主席, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント