11:10 2017年10月24日
東京+ 16°C
モスクワ-1°C
    北朝鮮軍「核攻撃が始まれば、米本土が瞬時に焦土となる」 米ICBM迎撃を非難

    北朝鮮軍「核攻撃が始まれば、米本土が瞬時に焦土となる」 米ICBM迎撃を非難

    © REUTERS/ KCNA
    アジア
    短縮 URL
    2147787

    朝鮮中央通信は3日、朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮人民軍でミサイル運用を担当する戦略軍の報道官が2日、米軍が実施した初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)迎撃実験について「重大な軍事挑発行為だ」と非難したと報じた。

    スプートニク日本

    報道官は「わが戦略軍は命令さえ下せば、米国の核攻撃手段はもちろん、侵略と挑発の本拠地を先制核攻撃で焦土化する態勢を維持している」と主張し、「いったん核攻撃が始まれば、グアムやハワイ、アラスカはもちろん、米本土も瞬時に焦土となるだろう」と語った。

    米国防総省は30日、米本土に飛来する大陸間弾道ミサイル(ICBM)迎撃実験を太平洋上で実施し、成功したと明らかにした。米政府は北朝鮮が米本土を狙ったICBMを急速に開発しているとみて警戒を強めており、ミサイル防衛(MD)体制の信頼性を向上するのが目的だった。

    タグ
    核兵器, ミサイル, 北朝鮮, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント