22:10 2018年09月23日
東莞市 建設途中で放棄された建物

オルドス市 中国最大のゴーストタウン 【写真】

© 写真: Ilya Varlamov
アジア
短縮 URL
1150

オルドス市は、モンゴル産石炭バブルと共に20年前に市に昇格した。当時、石炭産業は急速に発展。石炭の産地に近い諸都市はキノコのように急速に成長。オルドス市もまた例外ではなかった。

スプートニク日本

市当局によって、美術館や劇場、大型スタジアムを備えたレーストラックすらある巨大な100万都市の建設計画が出された。建設は完了したが、現在に至るまで町は空っぽのままでいる。人々はオルドス市に移居しなかったのだ。

オルドス市の多くの炭鉱で採算が取れなくなり、閉鎖された。仕事はなく、人工的なこの都市はがらんどうで残った。

1 / 10
オルドス市は中国最大のゴーストタウン

しかし、観光の観点から見ると、オルドス市は「最高」。少なくとも「悪くない」場所だ。少なくとも、オルドス市は中国に多く存在する鬼城(ゴーストタウン)の中で最も有名だ。

住民がいないにかかわらず、市が清潔なのは特筆に値する。道端で出会えるのは普通の通行人ではなく、歩道を清掃する市の作業員だけだ。

スプートニクは以前、日本の廃墟化した遊園地「奈良ドリームランド」について語った。

タグ
廃墟, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント