13:35 2018年09月24日
北朝鮮、エンジン燃焼実験 ICBMに使用可能=米メディア

北朝鮮、エンジン燃焼実験 ICBMに使用可能=米メディア

© Sputnik / Iliya Pitalev
アジア
短縮 URL
0 24

22日、北朝鮮が21日に弾道ミサイル用のエンジン燃焼実験を行ったことが分った。米FOXニュースは複数の米政府当局者の話として報道した。このエンジン技術は将来的に、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に使われる可能性がある。

スプートニク日本

北朝鮮は今年3月にも成功的に北西部東倉里で高出力ロケットエンジンの燃焼実験を実施したと述べた。共同通信が報じた。

21日、米国の偵察衛星は朝鮮民主主義人民共和国にある地下核実験場の坑道入り口付近で新たな動きをとらえた。

北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、金正恩朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、新型の地対艦巡航ミサイルの発射実験を行ったと伝えた。

朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は10日、最近の一連の弾道ミサイル発射実験により大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発に必要な技術を確保したことが確認されたとし「ICBMを試射する時刻も決して遠くない」と表明した。

労働新聞は5月31日、「(米国が)軍事的威嚇を続けている」と非難し「われわれは最高首脳部の命令によって、いつ、どこでも大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を行う準備ができている」とした

タグ
ミサイル, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント