11:46 2019年06月25日
北朝鮮の弾道ミサイル【アーカイブ写真】

北朝鮮の国連副大使 核は米国からの唯一の防衛手段

© Sputnik / Iliya Pitalev
アジア
短縮 URL
263

イン・リョン国連朝鮮民主主義人民共和国政府代表部次席代表は北朝鮮国民にとっては核兵器は米国から身を守る唯一の手段だと明言した。

スプートニク日本

北朝鮮政府代表部が国連安保理の会議の場に現れることは稀。イン副大使は大量破壊兵器不拡散に関する会合で演説を行い、「トゥルーマンからトランプまで米大統領府は北朝鮮への核先制攻撃の路線を変えることはない」と語った。

「朝鮮民族は厳しい試練をくぐり、何よりも重要な権利と主権を守るためには核兵器にこのように立ち向かうしかないという結論に達した。他の者らが何と言おうと、いかなる制裁、抑圧、軍事攻撃が続こうと、国の主権と国民の生存権を守る核兵器の製造から手をひくことはない。」

イン副大使は国連安保理のメンバーらにむかい、対北朝鮮の7月2日の制裁を支持した諸国はこうした方法で核ポテンシャルの拡大を緩和できると考えたのであれば、それは決定的な間違いを犯したことになると指摘した。

タグ
米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント