10:34 2017年08月17日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    金正恩氏、平壌で大陸間弾道ミサイル技術者を授与 新発射実験可能性を指摘

    金正恩氏 弾道ミサイル「火星14」開発者らに褒章 自分の格言集と時計を授与

    © REUTERS/ KCNA
    アジア
    短縮 URL
    124602

    朝鮮中央通信が13日伝えたところによると、金正恩朝鮮労働党委員長が大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の発射実験に携わった科学者や技術者らに同国最高の勲章とされる金日成勲章などを授与した。また、同日に北朝鮮の平壌で科学者や技術者らの表彰式が開催された。

    スプートニク日本

    金氏は演説で、大陸弾道ミサイルの発射「成功」により「(核開発と経済建設を同時に進める)並進路線の正当性が立証された」と強調した。金氏はミサイル開発に関する「新たな課題」を提示し、この課題の内容は明らかにされていないかった。一方、共同通信の報道によると、大陸弾道ミサイルのさらなる性能向上などを指示した可能性がある。

    朝鮮中央通信が指摘したところによると、金氏は科学者らと共に記念撮影もした。党軍需工業部の李万建部長と李炳哲第1副部長が撮影に同席した。

    タグ
    金正恩, 北朝鮮
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント