14:49 2018年01月24日
東京+ 7°C
モスクワ-9°C
    ドゥテルテ大統領SP 50人の過激派と衝突

    ドゥテルテ大統領SP 50人の過激派と衝突

    © REUTERS/ Lean Daval Jr
    アジア
    短縮 URL
    1114

    フィリピンのドゥテルテ大統領のボディガード5人が同国南部で起きた銃撃戦で負傷。ボディガードを襲ったのは、軍服に身を包んだ50人の過激な毛沢東主義派。

    スプートニク日本

    フィリピン南部ミンダナオ島にある内陸州コタバト州のチェックポイントで、過激派がボディガードらの車2台を攻撃。2人のボディガードが病院に搬送された。政府軍は、軍服に変装した過激派を追っている。

    ドゥテルテ大統領は襲撃時、フィリピン南部にいなかった。

    5月ドゥテルテ大統領は、南部ミンダナオ島に戒厳令を出した。発令は、軍と過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS) 系武装勢力の衝突後になされた。激戦地はマラウイ市のまま。占領戦には500人ほどの武装勢力が参加した。

    タグ
    ロドリゴ・ドゥテルテ, フィリピン
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント