20:15 2019年04月24日
西沙諸島、中国軍

中国、領有権争いがある南シナ海のウッディー島に映画館を開設する

© REUTERS / Stringer
アジア
短縮 URL
165

領有権争いがある南シナ海の・西沙諸島にある面積2.6平方キロメートルのウッディー島に、中国最南かつ同島で初めての映画館がオープンした。中国中央電視台 (CCTV) が伝えた。

スプートニク日本

映画館「Yinlong Cinema」の初上映は22日夜に行われ、島の住民や駐留する部隊の兵士200人以上が訪れた。当局は、島の住居環境向上計画の一環として映画館のオープンを決めた。
同映画館は、3D用スクリーンなどの最新の設備を有している。

2012年に設立された三沙市の議事堂はウッディー島に置かれている。島にはスタジアムや複数のホテル、銀行、空港、商店、郵便局などがあり、昨年初めて図書館が開館した。

中国は、他国も領有権を主張している西沙諸島と南沙諸島を自国の領土だと述べている。

これより前、ベトナムは中国に対し、領有権が争われている南シナ海の西沙諸島行きクルーズ派遣を停止するよう要求したとロイターがベトナム外務省の広報担当の情報を基に報じた。

タグ
映画, 領土問題, 南シナ海
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント