13:42 2018年10月22日
北朝鮮の技術習得はまだ、発射は失敗 専門家

北朝鮮の技術習得はまだ、発射は失敗 専門家

© REUTERS / KCNA
アジア
短縮 URL
0 33

朝鮮民主主義人民共和国が最近に行った大陸弾道ミサイル発射実験のビデオからはミサイルが大気圏の厚い層に戻る際におそらく故障したことを示す痕跡がうかがえる。ロイター通信が国際戦略研究所(IISS)の専門家、マイケル・エレマン氏のこうした考察を報じた。

スプートニク日本

エレマン氏は、この映像は北朝鮮が未だに核弾頭を積んだミサイルには必要不可欠な帰還の技術を習得していないことを示していると指摘し、ミサイル発射がおそらく失敗に終わったことは、ミサイルを戦闘準備が整ったものと分類できるまでには北朝鮮はさらに数度の実験を繰り返す必要があるとの見方を示している。

エレマン氏は「このビデオからは弾道ミサイルの弾頭部分は最後までもたなかったという帰結を結ぶのがもっともだろう」と語り、それでも北朝鮮は実験を繰り返すことで2017年に戦闘準備の出来た大陸間弾道弾ミサイルを配備しうる可能性はあると指摘している。

北朝鮮の朝鮮中央通信は7月29日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の2回目の発射実験を28日深夜に行い「成功した」と発表した

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント