04:38 2019年05月25日
北朝鮮、ミサイル「火星12」4発をグアム周辺海上に発射検討 日本上空を通過

北朝鮮、ミサイル「火星12」4発をグアム周辺海上に発射検討 日本上空を通過

© REUTERS / KCNA
アジア
短縮 URL
0 37

北朝鮮の戦略軍司令官は9日、グアム周辺に攻撃を行う計画について、中・長距離ミサイル「火星12」4発を同時にグアム沖30~40キロの海上に撃ち込む案を検討していると表明した。聯合ニュースが朝鮮中央通信の報道を引用して伝えた。

スプートニク日本

聯合ニュースによると、戦略軍の金洛兼司令官は「既に発表したように、わが戦略軍はグアム島の主要軍事基地を制圧・けん制し、米国に厳重な警告のメッセージを送るため、中長距離戦略ロケット『火星12』4発を同時に発射する包囲射撃を慎重に検討している」と語った。

共同通信によれば、北朝鮮の戦略軍司令官は計画が実施されれば、新型中距離弾道ミサイル「火星12」は島根、広島、高知の3県上空を通過することになると発表した。

タグ
ミサイル, 日本, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント