06:47 2017年10月21日
東京+ 15°C
モスクワ+ 4°C
    北朝鮮、潜水艦ミサイル発射実験が近く実地か 米サイト分析

    北朝鮮、潜水艦ミサイル発射実験が近く実施か 米サイト分析

    © REUTERS/ KCNA
    アジア
    短縮 URL
    1146645

    米ジョンズ・ホプキンズ大の朝鮮民主主義人民共和国分析サイト「38ノース」は11日、今月7日に撮影された商業衛星写真に基づき、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星1」の発射実験準備をしている可能性があるとの分析を発表した。共同通信が報じた。

    スプートニク日本

    同サイトによると、北朝鮮東部新浦の造船所に停泊している新浦級潜水艦の船首と船尾部分に、偽装用の網または防水シートがかけられていた。北朝鮮が去年7月9日にSLBM発射実験を行う前にも同様の動きは確認されていた。

    北朝鮮が最近、圧縮ガスでミサイルを射出後にエンジンに点火する「コールドローンチ」方式の実験を行っていることも、SLBM発射に向けて動いていることの裏付けとして挙げた。

    先に報じられたところ、米軍部は北朝鮮の潜水艦の活動度が「異常に疑惑を呼ぶ、前例のないレベル」に達しており、これがミサイル発射実験を行った可能性を示唆していることを確認した。

    タグ
    ミサイル, 北朝鮮, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント